性病に感染しても恐れるな!

性病に感染したら嫌な思いをしますよね・・・病院に行くのが恥ずかしい、友達に知られたくないなどと思ってしまい悩む方が多いはずです。しかし!病院に行かなくても性病の薬をネットで購入すれば恥ずかしい思いをしなくてすみますよ。

ばいどくは画像や写真でわかる性病の一つ

ばいどくは、「梅毒」と書き、トレポネーマという病原菌によって感染する性病の一種で、皮膚にも症状が現れるので、画像や写真などでもわかる性病の一つで、症状は第一期から第四期まであります。

主にアナルセックスやオーラルセックスなど、すべての性行為で感染し、もし感染した場合は直ちに病院で治療する必要があります。

大昔の遊郭などでは、ばいどくにかかって治ると一人前と言われ、処女の女性よりばいどく経験者の女性の方が重宝されたようですが、末期症状になると鼻が欠けたり幻覚を見たりして最後は隔離されて一人寂しく死んでいったようです。

現在ではペニシリンでの治療で早期に治療すれば必ず治りますが、近年はばいどくのなる患者が急増していて、また慣性力が強く、ばいどくに感染しているとエイズウイルスにもかかりやすくなると言われています。

ばいどくに感染してから3週間ほど経つと第一期は、しこりや潰瘍、鼠径部(太ももの付け根の部分)の腫れなどが症状として出てきますがいずれもあまり痛みを感じることはありません。

3ヶ月くらい経つと第二期に突入し、病原菌が血液を通して全身に回ることで手足にあざのようなものや皮膚は盛り上がって分泌液が出てくる状態になりますが、しばらくすると潜伏期間に入り、皮膚の症状も落ち着いてくると第三期に入ります。
かなり重い症状になり、皮膚の状態もさらに醜くなりますが、日本では現在第三期までの患者はいないようです。

さらに末期になると、体のすべての機能が犯され、心臓や神経、眼などに障害が出てきてやがて死に至ります。

インターネット上の画像には、良く梅毒患者の症状を取った画像が公開されていますが、治療しないでおくとこんなに酷くなるのかと怖くなるくらい症状の悪化した画像が出てきます。

ばいどくは早期発見と早期治療が非常に大切な性病ですので、思い当たりのある人は一刻も早く検査して治療するのが望ましいと言えます。